ティラノスクリプト

TyranoScript Ver 5.00 と TyranoStudio でノベルゲーム開発!

TyranoScript Ver 5.00 と TyranoStudio でノベルゲーム開発! - アイキャッチ

今年の 1 月、TyranoScript に待望のバージョンアップデートが来ました!

ティラノスクリプト V5.0 ベータ版を配布開始。新ツール「ティラノスタジオ」も同時公開。

ということで、TyranoScript Ver 5.00 と TyranoStudio を用いたノベルゲームの開発方法を紹介します。

開発の準備

ダウンロード

まずは、ティラノスクリプト ベータ版のダウンロード より、TyranoScript Ver 5.00 および TyranoStudio をダウンロードしましょう。

TyranoScript/TyranoStudio ダウンロード方法

TyranoStudio の起動と、プロジェクトのロード

ダウンロードが完了したら、以下の手順で TyranoStudio を起動、および TyranoScript Ver 5.00 のサンプルゲームをロードします。

  • ダウンロードした 2 つの ZIP ファイルを展開
  • 展開した TyranoStudio-win32-x64 フォルダの中の、TyranoStudio.exe を起動
  • 起動した TyranoStudio 画面の右上『プロジェクト選択』をクリック
  • 展開した tyranoscript_v500_beta_3 フォルダの中の index.html を選択
TyranoStudio ゲームロード手順1
TyranoStudio ゲームロード手順2
TyranoStudio ゲームロード手順3
TyranoStudio ゲームロード手順4
TyranoStudio ゲームロード手順5
TyranoStudio ゲームロード手順6
TyranoStudio ゲームロード手順7

これで、開発の準備は完了です!

ゲームの実行

まず初めに、ロードしたサンプルゲームを実行してみましょう。

右上の ゲーム再生 ボタン、またはサイドバーの プレビューゲーム再生 ページの ゲームを再生する ボタンで実行できます。

TyranoStudio ゲームの再生方法

スクリプトの編集:エディタでシナリオファイルを開く

次に、ゲームの動作を定義している スクリプト を編集し、ゲーム動作を変更してみましょう。

サイドバーの 開発エディタ でスクリプトエディタを開きます。

TyranoStudio エディタの使い方1

続いて 読込 ボタンの左側のテキストボックスに、ks と入力してみましょう。

TyranoStudio エディタの使い方2

シナリオファイル一覧が表示されましたね!

このテキストボックスは、開きたいシナリオファイル名を入力するエリアで、入力した文字列から対象のファイル名を推測表示してくれます。

全てのファイルを表示したいときは、ks と入力すると良いですよ!

では、scene1.ks を選択し、読込 ボタンをクリックしましょう。

TyranoStudio エディタの使い方3

スクリプトの編集:支援機能を使う

スクリプトを開くことができたので、少し編集してみましょう。

こんな動作を目指します。

  • ① BGM を再生(対象ファイルは、サンプルゲームに同梱のもの)
  • ② 背景を『廊下』に変更
  • ③ キャラクター「アカネ」を表示
    • 表情は「悲しい」
    • 表示位置は、画面中央よりも少し左
  • ④ カメラズーム

scene1.ks の 45 行目 「さて、ゲームが簡単に作れるというから、来てみたものの[p] の下に、これらの処理スクリプトを記述していきます。

しかし、BGM再生、背景変更……どうやって書けば実装できるのか、わからなかったり、忘れたりしちゃいますよね。

そんなときには、TyranoStudio のタグ入力支援機能を使用しましょう!

タグリファレンス

『タグリファレンス』ページには、以下のような支援機能があります。

  • ① タグ検索
    • タグ名の一部でも知っていれば、絞り込み検索することが可能
  • ② タグ詳細の参照
    • パラメータ、解説、サンプルコードを参照する
    • 一部のタグ([camera] など)には、デモサイトへのリンクも
  • ③ タグの作成
    • 作成したタグは コピー 可能
  • ④ タグの実行
    • ③ で作成したタグを、再生中ゲームにテスト反映する

サイドバー 開発タグ で『タグリファレンス』ページを開き、以下の機能を試してみてください。

① タグ検索

TyranoStudio タグ検索

② タグ詳細の参照

TyranoStudio タグ詳細の参照

③ タグの作成

TyranoStudio タグの作成

④ タグの実行

TyranoStudio タグの実行

ゲーム素材

『ゲーム素材』ページには、以下のような支援機能があります。

  • ① 素材参照
    • 各種画像や音声、動画ファイルの一覧表示
    • プレビューも表示できる
  • ② 座標プレビュー
    • 画像素材に限り、再生中ゲームに素材を乗せて、座標確認が可能

サイドバー 開発ゲーム素材 で『ゲーム素材』ページを開き、以下の機能を試してみてください。

① 素材参照

TyranoStudio ゲーム素材参照

※『ゲーム素材』ページに表示されている素材は、全て プロジェクトフォルダ/data/ 以下にあります。

TyranoStudio ゲーム素材のディレクトリ

② 座標プレビュー

TyranoStudio 座標プレビュー

キャラクター

『キャラクター』ページでは、

  • 定義済みキャラクター要素一覧の確認
  • キャラクター関連タグの作成

が可能です。

※この機能は、ゲーム再生中 のみ使用できます。

ゲームを再生した状態で、サイドバー 開発キャラクターを開きましょう。

TyranoStudio キャラクターページ

スクリプトの編集:実演

目標とする動作は、以下のとおりです。

  • ① BGM を再生(対象ファイルは、サンプルゲームに同梱のもの)
  • ② 背景を『廊下』に変更
  • ③ キャラクター「アカネ」を表示
    • 表情は「悲しい」
    • 表示位置は、画面中央よりも少し左
  • ④ カメラズーム

TyranoStudio の各種支援機能を用いて、上記スクリプトを制作する様子を動画にしてみました。

最終的に実装したコードは以下のとおりです。

; ============= ↓ ここから編集 ↓ =============
[playbgm  storage="music.ogg"   ]
[bg  storage="rouka.jpg"   ]
[chara_show  name="akane"  face="default"  left="157" top="46"  ]
[camera  zoom="2"  ]
; ============= ↑ ここまで編集 ↑ =============

動作確認

TyranoStudio では、動作確認の支援機能もいくつか提供されています。

デバッグコンソール ~ 実行中スクリプトの確認

デバッグコンソール 機能を使うことで、再生中のゲームについて、「現在どこのスクリプトを実行しているのか」をリアルタイムに確認することができます。

変数ウォッチ ~ 定義した変数の値の監視

変数ウォッチ 機能を使うことで、スクリプトで定義したゲーム内変数の値の変化をリアルタイム監視することができます。デバッグコンソール 同様に、ゲーム再生中でのみ使える機能です。

『変数』がわからないという方は、こちらの記事を御覧ください → 変数と演算を活用する - ティラノスクリプト

実験用に、エディタ で変数を定義してからゲームを再生してみましょう。

; ============= ↓ ここから編集 ↓ =============
[iscript]
  f.gameVar = 1;
  tf.tmpGameVar = 'hello';
  sf.systemGameVar = [true, false];
[endscript]
; ============= ↑ ここまで編集 ↑ =============
TyranoStudio 変数ウォッチの使い方1
TyranoStudio 変数ウォッチの使い方2

『ゲーム内の変数をすべて追加』ボタンは、再生中ゲームにおいて、現時点で存在している変数のみを表示します。また、変数の数が極端に多い場合、読み込みに時間がかかる可能性もあります。

完成したゲームを配布する(パッケージング)

最後に、ゲームのパッケージング(配布用データの出力)方法を紹介します。

配布用パッケージング では、以下の設定が可能です。

  • 配布形式
    • ブラウザWindowsMacLinux の 4 つのプラットフォームから選択可能
  • 対応 PC
    • 『配布形式』が WindowsMacLinux の場合、64bit OS 向けか、32bit OS 向けかを選択可能
  • アイコン設定
    • ゲームのアイコンに、独自の画像ファイルを設定
  • ウィンドウ
    • ゲーム画面のサイズを、ユーザーが自由に変えられるようにする設定
  • ファイル
    • ゲームの素材ファイルを隠す設定(後述

まず TyranoStudio で、サイドバー エクスポート配布用パッケージング ページを開きます。

TyranoStudio パッケージング方法1
TyranoStudio パッケージング方法2
TyranoStudio パッケージング方法3

ゲームの素材ファイルを隠す

ファイルを隠蔽する 設定について詳しく紹介します。

ファイルを隠蔽する のチェックを外したままエクスポートすると……

パッケージフォルダの resources/app 以下に、全てのティラノスクリプト素材ファイルがそのまま配置されます。

TyranoStudio パッケージファイル隠蔽1

この状態だと、data/fgimage からキャラの立ち絵画像を抜き取ったり、data/scenario 内のシナリオファイルを読んで攻略方法を解析する……などのことが容易にできてしまいます。

一方、ファイルを隠蔽する のチェックをつけてエクスポートすると……

TyranoStudio パッケージファイル隠蔽2

素材ファイルが隠蔽され、簡単には解析できない状態になりましたね!

※一応、このファイルを展開する方法もあるにはありますが、ここでは紹介しません。

ファイルを隠蔽する の注釈にも書いてあるとおり、隠蔽を行うとゲームの起動時間が遅くなることがありますので、実際に試してみて検討して下さい。

まとめ

ということで、一通り TyranoScript Ver 5 × TyranoStudio での開発手順を紹介しました!

筆者自身、とても便利になったと感じていますが、まだこれらは β 版で、これからより良くなっていくと思われますので、楽しみに待ちましょう 😆

また、当記事では紹介していない TyranoStudio の機能もいくつかあります。

  • プレビューゲーム再生 ページの『デバッグを表示する』オプション
  • プレビューセーブデータ ページの機能
  • 開発カラーパレット ページの機能
  • その他セッティング ページの機能(2020/03/10 時点では、まだ開発中のようです)

これらも簡単に扱える便利機能なので、ぜひ実際に操作してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA